• ねずみ駆除超音波装置の効果

    ねずみに一旦屋内侵入されると、なかなか駆除することができず、困っている方は多いと思います。

    ねずみは夜行性のため昼間はおとなしく、木造住宅などの人目につかない天井裏や壁間で夜間に動き回ります。

    夜間に天井などでガサガサする音や木をかじるガリガリする音を聞いたら、ねずみの侵入を疑いましょう。



    天井裏などをブラックライトで照らすと尿の跡が光ることで、通り道や出入口を特定することができます(ラットサイン)。
    ねずみ駆除の方法として、ねずみに有害な毒えさや、ねずみが嫌うにおいを出す忌避剤(スプレー、蒸散タイプ、設置タイプ)による駆除がありますが、警戒心が強く毒えさを食べなかったり、忌避剤に慣れてしまう場合があります。
    それ以外で有効な方法として、ねずみ駆除超音波装置があります。



    ねずみの聴覚は人間より優れており、周波数20kHz以上の超音波を聞き取ることができます。
    人間はこの周波数領域の音を聞き取れませんので、こうした高周波の音を強い音量(120dB程度)で発生させると、ねずみにとって耐え切れない音量となり、その場所から追い出すことができます。

    ただし、ねずみはこうした高周波大音量の音にも慣れる場合があるため、ねずみ駆除超音波装置は、周波数をランダムに変化させて慣れないようにさせる形式のものが市販されています。

    原理としては、ねずみに大きなストレスを与えて近づかないように仕向けるものです。


    根本的な駆除に向けては、殺鼠剤や粘着シートを合わせて使用すると効果的です。



    薬剤を使用しないため子供さんやペットに悪影響がない利点がある一方で、25kHzまで位の周波数では年齢の若い方で聞き取れる場合があり、不快感や健康被害を引き起こす可能性があります。
    ねずみ駆除超音波装置の使用時には、この点注意が必要です。